「周回遅れの先頭」走る日本の役割 山川哲史氏
バークレイズ証券調査部長

2019/8/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

海外投資家と日本を巡る議論を交わす際、しばしば「周回遅れの先頭」といった表現が登場する。デフレ傾向が定着するなか、いち早く先進国に先駆けて導入された異次元金融緩和の効果も持続性に乏しく、政府債務の膨張、日本銀行のバランスシートの肥大化といった課題を残す結果に終わっている。一方、今回の「競争的」利下げ局面においても、日銀は主要中央銀行の後じんを拝しつつある。

海外の主要な政策当局は自国が同様のわな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]