「弥生」の時代観に見直し迫る(風紋)
多様な生活像 豊かな交流

風紋
コラム(社会)
2019/8/11 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

水田での稲作が朝鮮半島から九州北部に伝わったのは紀元前10世紀――。国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)が、「先史・古代」の常設の展示で大胆な見直しを今年おこなった。

36年前の開館以来で「弥生時代」の始まりが通説より500年もさかのぼったかたち。当時の列島の生活の多様性を指摘し、海を隔てた地域とのかかわりにも再考を迫る。現代につながる問題提起も含んでいるようで、興味は尽きない。

試みに、いま使わ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]