2019年9月20日(金)

東電、東通原発を共同事業化 苦境で自力難しく

2019/8/8 11:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力ホールディングスが建設を中断していた東通原子力発電所(青森県)を中部電力など4社の共同運営にする方針を固めたことが明らかになった。東電が他社との提携に頼ったのは、原発を巡る課題が山積しているためだ。事故を起こした福島第1原発の廃炉費用は膨れ、工程も遅れ気味。柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働も見通しが立たない。もはや東電は自身の力では東通を進められないほどの苦境に陥っている。

【関連記事】東電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。