/

ブリット、泥棒成金… 紳士の装いが学べる映画10選

「華麗なるギャツビー」(C) 1974 NEWDON COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED.TM, (R) (C) 2013 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.
往年の欧米映画は、紳士の装いの教科書。
夏休みは映画を見て、洗練された技を学んではいかが。
着こなしが参考になる作品を、専門家12人が選んだ。

1位 華麗なるギャツビー 

600ポイント
焦げ茶の3ピース エレガントに

米国を代表する作家F・スコット・フィッツジェラルドの小説を原作にした映画作品。「狂乱の20年代」といわれた好況に沸く米国で、かつての恋人の前に謎の富豪となって現れる主人公ギャツビーをロバート・レッドフォードが演じる。意中の女性を振り向かせるための華やかな装いが見ものだ。「エレガントな遊びのスーツの神髄を学べる」(綿谷寛さん)

専門家が注目したのは昼間の着こなし。特に「襟付きのダブルのベストの3ピースは今秋のトレンド」(黒部和夫さん)。女性と会うときは白やピンクだったが、ドライブのシーンでギャツビーは写真のような焦げ茶の3ピースだった。焦げ茶なら取り入れやすい。

普段のスーツも「淡いサックスブルーやイエローなど、シャツやネクタイに華やかな色を取り入れるだけでも新鮮になる」(慶伊道彦さん)。シャツの襟を留めるピンや懐中時計をつける鎖、2色のコンビ靴など小物も参考になる。

(1)監督 ジャック・クレイトン(2)製作 1974年 (3)発売元 NBCユニバーサル・エンターテイメント、DVD希望小売価格 1429円(税別)

2位 シャレード 

520ポイント
「いぶし銀」のグレースーツ

夫の死を知らされた女性レジーナ(オードリー・ヘップバーン)が、行方不明の大金を巡る殺人事件に巻き込まれるサスペンス作品。敵か味方か分からない謎の男、ピーターを演じる俳優ケーリー・グラントの「いぶし銀」の着こなしへの評価が高い。「清潔感のある控えめなコーディネートを学びたい」(山本祐平さん)

ほどよくゆとりがあるグレーのスーツに、白いシャツを着て落ちついた色の無地のネクタイを端正に結ぶ。平凡に見えるが、上級者の組み合わせ方という。「グレーのスーツに白いシャツ、青系の無地のネクタイ、白いステンカラーコートは永遠に格好いい」(河毛俊作さん)。グラントが着たコートは「ひざにかかる程度の丈が絶妙なバランス」(林信朗さん)。「ゆったりとしたサイズが旬」(慶伊さん)。今もシャレードを参考にする仕立て職人は絶えない。

(1)スタンリー・ドーネン(2)1963年(3)ゴマブックス、2980円(税別)

3位 北北西に進路を取れ 

515ポイント
主演グラントの普遍的スタイル
(C)2009 Turner Entertainment Co. and Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ケーリー・グラント演じる広告マンが人違いから謎の組織に追われ、平野から山中まで逃走劇を繰り広げる。「白とグレーの2色でまとめる控えめなスタイル」(赤峰幸生さん)

日本ではかつて「ドブネズミルック」といわれたグレースーツだが、「クラシックな装いに必要な清潔感、社会性、控えめさ、上品さなどがすべて備わっている」(林さん)。「上着をややタイトにズボンを太めにした、グラントの50年代スタイルは普遍的」(中寺広吉さん)

「病院から抜け出すシーンでシャツのカフスを半分だけ折り返していたのは印象に残る着崩し」(白井俊夫さん)。マネできそうな小技も多い。

(1)アルフレッド・ヒッチコック(2)1959年(3)ワーナー・ブラザースホームエンターテイメント、特別版 1429円(税別)

4位 アニー・ホール 

510ポイント
ほどよいリラックス感
(C)2012 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

NYで独身生活を楽しむコメディアンのアルビー(ウディ・アレン)と歌手志望の女性、アニー(ダイアン・キートン)の恋模様。アカデミー賞主要4部門を受賞した。着古したツイードジャケットにチェックのシャツ、色付きのTシャツ、太いチノパンやコーデュロイパンツの力の抜けた着こなしは「一見、ヤボに見えて粋」(山本さん)。

「ほどよくリラックス感があり、ビジネスにも休日にもいける」(河毛さん)。女性のアニーが一番上のボタンだけを留めたベストに、ネクタイと太いチノパンを合わせた着方は「男性の休日カジュアルにおすすめ」(鈴木晴生さん)。

(1)ウディ・アレン(2)1977年(3)20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン、1419円(税別)


5位 泥棒成金 

500ポイント
スカーフで首元華やかに
TM & (C) 1954 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.TM, (R) & (C) 2012 by Paramount Pictures.All Rights Reserved.

ケーリー・グラント演じる引退した宝石泥棒が自分の偽物を追うラブサスペンス。小物を使ったシニアの上品なカジュアルで、注目はスカーフ。「年齢が出やすい首元に巻くと華やかでいい」(綿谷さん)。「ブルーグレーの横じまのセーターに赤いスカーフを合わせたのは参考になる」(白井さん)。グレーのブレザーと白いシャツに合わせたネイビーのアスコットタイも「大人の休日スタイルを華やかにする」(黒部さん)。

グラントがジャケット姿でズボンのポケットに右手を入れることが多いのは「左側が前になるジャケットの裾を乱さずに立ち姿を格好よく見せるため」(鈴木さん)。

(1)アルフレッド・ヒッチコック(2)1954年(3)NBCユニバーサル・エンターテイメント、スペシャル・コレクターズ・エディション 1429円(税別)

6位 ブリット

 490ポイント
肩幅や着丈で見せる格好良さ
Bullitt (C)1968, Package Design & Supplementary Material Compilation (C)2008 Warner Bros.Entertainment Inc. Distributed by Warner Home Video. All Rights Reserved.

裁判のために護衛していたギャングを殺されてしまった刑事ブリット(スティーブ・マックイーン)は、護衛を依頼した上院議員に不審を抱く。「背は高くなかったが、肩幅や着丈など服の配分を工夫して格好よく見せている」(中野香織さん)

「やや膝下が常識だったコートの丈を膝上に直し、刑事らしい躍動感」(中寺さん)。「やぼったいイメージのツイードジャケットを暗い色のニットやスラックスで引き締め、洗練された印象」(山下英介さん)。

(1)ピーター・イエーツ(2)1968年(3)ワーナー・ブラザースホームエンターテイメント、1429円(税別)


7位 炎のランナー 

440ポイント
動く英国スタイル図鑑

ベン・クロスらが演じる24年パリ五輪に出場した英国の陸上選手を描いた作品で、動く英国紳士の服装図鑑だ。「太いストライプなど、20年代のケンブリッジ大学のあらゆるスタイルが学べる」(中野さん)。「スコットランドでの競走に集まった人々のスーツやジャケットの装いはツイードスタイルの見本」(黒部さん)。

(1)ヒュー・ハドソン(2)1981年(3)20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン、2枚組 1419円(税別)

8位 パリの恋人 

430ポイント
巧みな色使いと遊び心
(C) 1956 PARAMOUNT PICTURES CORP. All Rights Reserved.

タップダンスの名手フレッド・アステアの演じるカメラマンが、書店の女性をモデルとして売り出すミュージカル作品。アステアの巧みな色使いや遊び心のある着こなしが見もの。「青のカーディガンにグレーのフランネル素材のパンツの組み合わせが最高にスポーティーで優雅」(綿谷さん)。ノータイのとき、「ネクタイをベルト代わりに使ったり、2色使いの靴を選んだり。アクセントが巧み」(林さん)。

(1)スタンリー・ドーネン(2)1956年(3)NBCユニバーサル・エンターテイメント、1429円(税別)


9位 太陽がいっぱい 

380ポイント
上流リゾート服の手本

貧しい青年トム(アラン・ドロン)が富裕な友人を殺して、完全犯罪を目指す。友人役の「スエードのシャツとオフホワイトのパンツの組み合わせは現代的」(山下さん)。「上流階級のリゾートスタイルのお手本」(中野さん)。

(1)ルネ・クレマン(2)1960年(3)KADOKAWA、4Kリストア版 4800円(税別)

10位 オリエント急行殺人事件 

290ポイント
欧州のクラシックな装い

名探偵ポワロが謎に挑む。欧州のクラシックな装いで「ドレススタイルのルーツが学べる」(赤峰さん)。「アンソニー・パーキンスのブレザースタイルが参考になる」(鈴木さん)。

(1)シドニー・ルメット(2)1974年(3)NBCユニバーサル・エンターテイメント、スペシャル・コレクターズ・エディション 1429円(税別)

映画に見る女性の着こなし 大きめコート・帽子で変化

映画の影響を受けたファッションは「シネモード」と呼ばれる。今回、男性の着こなしを学べる映画作品をテーマにした理由は、男性の着こなしは普遍性が高いうえ、特定の映画作品と俳優の着こなしの結びつきが強いためだ。

「男と女」(C)1966 Les Films 13 

「麗しのサブリナ」(1954年)でオードリー・ヘップバーンが着た「サブリナパンツ」を知る人は多いだろう。しかし、女優は役柄より個人、映画より普段の着こなしに注目が集まることが多い。

女性が参考にできる映画についても聞いた。

フランス映画に詳しい東京成徳大学の芳野まい准教授は66年「男と女」を挙げる=写真は製作50周年記念デジタル・リマスター版。夫を事故で亡くした女性を演じるアヌーク・エーメがオーバーサイズのムートンコートなど男物のような服をさっそうと着こなす。「夫や彼氏のコートを借りても今風になる」

服飾史家の中野香織さんは67年の米国映画「俺たちに明日はない」。女銀行強盗を演じたフェイ・ダナウェイがベレー帽で髪をまとめたり、つば広帽を目深にかぶったり。「基本的なアイテムの使い方がうまい」

ファッションジャーナリストの日置千弓さんのお薦めは米映画「ロッキー」(76年)だ。主人公の恋人役タリア・シャイアが今年のトレンドでもある男性的なスーツを着ながら「赤いベレー帽を合わせるなど、女性らしさを少し香らせるワザが参考になる」という。

◇ ◇ ◇

ランキングの見方 数字は専門家の評価を点数化。作品名。(1)監督名(2)製作年(3)発売元とDVDの希望小売価格。写真は三浦秀行撮影、モデルは熊谷宜之、スタイリングは青柳光則。衣装協力=1位と4位ビームス、2位バタク。

調査の方法 1930~80年代に初公開され、20年代以降が舞台の「紳士の着こなしの参考になる映画」について、DVDかブルーレイを専門家の協力でリストアップ。25作品のなかから、「出演者の着こなしが男性読者が参考になる」という観点でそれぞれ1~10位までおすすめ順に順位を付けてもらい集計した。(堀聡が担当しました)

今週の専門家 ▽赤峰幸生(服飾文化ディレクター)▽河毛俊作(演出家)▽黒部和夫(ファッション評論家)▽慶伊道彦(フェアファクスコレクティブ社長)▽白井俊夫(信濃屋顧問)▽鈴木晴生(シップス顧問メンズクリエイティブアドバイザー)▽中寺広吉(バタク ビスポークテーラーモデリスト)▽中野香織(服飾史家)▽林信朗(服飾評論家)▽山下英介(メンズプレシャス クリエイティブディレクター)▽山本祐平(テーラーケイド代表)▽綿谷寛(イラストレーター)=敬称略、五十音順

[NIKKEIプラス1 2019年8月10日付]

NIKKEIプラス1「何でもランキング」のこれまでの記事は、こちらからご覧下さい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン