/

1~6月期の経常黒字4%減 アジア向け輸出が停滞

財務省が8日発表した2019年1~6月の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスなどの取引を表す経常収支は10兆4676億円の黒字だった。前年同期と比べた黒字額は4%減と、上期としては2期続けて縮小した。米中貿易摩擦の影響などから貿易黒字が大きく減った。海外への直接投資から得られる収益などが経常黒字を下支えしている。

輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2242億円の黒字で、黒字額は同87%減った。中国の景気減速によって周辺国のサプライチェーンも影響を受けている。半導体等製造装置、鉄鋼、自動車部品など幅広い製品の荷動きが滞り、日本からアジアへの輸出が大幅に減った。

輸出よりも海外への投資で稼ぐ構図は一段と鮮明になっている。海外への直接投資に伴う資金の動きなどを示す第1次所得収支は同0.2%増の10兆5923億円の黒字で、経常黒字をほぼ賄っている。このうち5割を占める直接投資収益は同4%増となる5兆4218億円の黒字と、半期で過去最大だった。証券投資収益は同2%減の4兆8202億円の黒字だった。

サービス収支は2316億円の黒字(前年同期は3339億円の赤字)と、半期として初めて黒字転換した。訪日外国人が増え、旅行収支が同3%増となる1兆3199億円の黒字となった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン