2019年9月22日(日)

NYダウ、300ドル超下落 一時589ドル安

2019/8/7 22:55 (2019/8/8 1:49更新)
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋そら】7日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落して始まり、朝方に一時、前日比589ドル安を付けた。その後は下げ幅を縮小し、米東部時間12時(日本時間午前1時)時点で、347ドル安の2万5681ドル付近で推移している。インドやタイなどが相次いで利下げに踏み切り、世界景気の先行き不透明感が改めて意識された。

インドの準備銀行(中央銀行)は7日の政策決定会合で政策金利を0.35%下げて年5.40%とすることを決めた。タイ中央銀行とニュージーランド(NZ)の中銀も同日、利下げを発表した。世界経済の減速によるモノやサービスの需要鈍化に対応する。

ダウ平均は5日に767ドル安と今年最大の下げを記録した。6日は米中貿易戦争への懸念が和らぎ300ドル超高で終えたが、アジア太平洋諸国が相次いで利下げを決めたことで、投資家心理がリスク回避に傾いた。ただ、売り一巡後は値ごろ感を意識した押し目買いも入っている。

7日のニューヨーク外国為替市場で円相場は前日比80銭程度円高・ドル安の1ドル=105円60銭付近で推移している。ダウ工業株30種平均の急落を受けて投資家のリスク回避姿勢が強まり、比較的安全な通貨とされる円は買いが優勢となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。