森友改ざん問題、職員自殺は「労災」 近畿財務局が認定

2019/8/7 22:51
保存
共有
印刷
その他

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、決裁文書改ざんを強要されたとのメモを残して昨年3月に自殺した近畿財務局の男性職員(当時54)について、近畿財務局が民間企業の労災に当たる「公務災害」と認定していたことが7日、政府関係者への取材で分かった。

財務省は調査報告書で、文書改ざんは当時理財局長だった佐川宣寿元国税庁長官(61)が方向付け、本省が財務局に指示したと明記していた。

財務省理財局は、国有地の大幅な値引きが報道で知れ渡った後の2017年2月下旬~4月、近畿財務局に指示し、決裁文書から安倍昭恵首相夫人に関する記述や政治家秘書らの働き掛けを示す部分を削除した。この時期に男性職員は担当の管財部に所属していた。改ざんが発覚した直後の昨年3月、神戸市の自宅で自ら命を絶った。

調査報告書は個人を特定しなかったが、管財部職員らが改ざん指示に抵抗、反発した経緯や、本省からの照会や取材対応で「多忙を極めた」ことを指摘。こうした経緯を踏まえ、公務災害と認定したようだ。財務省は個別の認定案件の詳細を明らかにしていない。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]