ベネズエラ和平会議、中ロ欠席 米、強硬策前面に

2019/8/7 21:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【リマ=外山尚之】マドゥロ政権と野党勢力が激しく対立するベネズエラ情勢を巡る国際会議が6日、ペルーの首都リマで開かれた。政権を支えるロシアや中国は欠席した。野党の後ろ盾となるトランプ米政権は経済制裁を強化し、政権交代に向けた圧力を強める。米国と中ロの対立の構図が解けぬまま混乱は周辺国にも及び、長期化している。

「ベネズエラ情勢の解決のため、5大陸から60カ国が参加した」。ペルーのポポリシオ外相は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]