東京ムーブメント

フォローする

最高635万円 富裕層向け五輪チケット、8月下旬に

Tokyo2020
2019/8/7 21:41
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は7日、飲食付きの五輪観戦チケット「ホスピタリティパッケージ」の申し込みを8月下旬以降に受け付けると発表した。価格は9万~635万円で、主に富裕層や法人を想定している。

会場近隣に専用の施設を設けて、一流シェフの料理やシャンパンなどを提供する。635万円となる最高価格のチケットの場合、新国立競技場に隣接するレストランで飲食をして、競技場では最もフィールドに近い「A席」で開会式や男子100メートル決勝のほか、リレー決勝などを観戦できる。

ホスピタリティパッケージは新国立競技場のほか、水泳の東京アクアティクスセンター(東京・江東)などで用意される。「プラチナパビリオン」「ダイヤモンド」など5段階に分かれており、飲食できる場所と観戦席は基本的に別々となるが、一部は飲食しながら観戦もできる。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
札幌開催でも消耗戦の課題は残る(世界陸上の男子20キロ競歩でドリンクなどを受け取る山西利和=共同共同


 2020年東京五輪のマラソンと競歩が、札幌市で開催される見通しとなった。日本の陸上関係者にとって「寝耳に水」の話。戦略の見直しも迫られそうだが、「これまでの取り組みが無駄になることはない」と冷静な受 …続き (10/17)

マラソングランドチャンピオンシップで新国立競技場を背に疾走する男子のランナー(9月15日、東京都新宿区)

 2020年東京五輪のマラソンと競歩が一転して札幌市で開催される見通しとなった。国際オリンピック委員会(IOC)は真夏の東京の暑さを理由としているが、本番まで10カ月を切った段階での会場変更は異例だ。 …続き (10/17)

東京五輪マラソン・競歩の札幌開催について、IOCのバッハ会長(左)は既に大会組織委の森会長と合意に達したとの認識を示した=共同共同

 【ドーハ=共同】国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は17日、ドーハで2020年東京五輪のマラソンと競歩の会場について「IOC理事会と大会組織委員会は札幌市に移すことに決めた」と、 …続き (10/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]