/

この記事は会員限定です

経済財政相、看板政策を担う司令塔

政権人事を読む(3)

[有料会員限定]

経済政策の司令塔が経済財政相だ。2001年の中央省庁再編で内閣府が新設され、首相主導の政策調整を担うために誕生した。安倍政権では通商交渉などの担当も兼任し、政権の看板政策を担う。

いまの安倍政権では経財相が経済再生相を兼任してきた。通商交渉や成長戦略を議論する未来投資会議も担当する。茂木敏充経財相は全世代型社会保障改革の担当相も兼務し、内閣の看板政策を担う。

茂木氏は環太平洋経済連携協定(TPP)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り665文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン