佐賀知事「フル規格が前提なら協議に参加せず」 長崎新幹線巡り

2019/8/7 20:03
保存
共有
印刷
その他

九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)の未着工区間、新鳥栖―武雄温泉間(すべて佐賀県)の整備方法を巡り、与党検討委員会が「フル規格での整備が適当」との基本方針を決めたことについて、佐賀県の山口祥義知事は7日、「地元県が求めていないのに中央が押し付けてくるやり方は、地方自治の観点からも大きな問題。議論の進め方として乱暴」と反発した。

取材陣の質問に答える佐賀県の山口祥義知事(7日、佐賀県庁)

与党検討委は佐賀・長崎両県と国土交通省、JR九州の4者による協議への参加を求めているが、山口知事は「フル規格をベースにした議論をする場であれば、参加するつもりはない」と応じない考えを明らかにした。

一方、与党検討委の山本幸三委員長は7日、長崎県庁を訪れて中村法道知事と面談した。山本委員長は検討委で決めた基本方針を文書で手渡し、フル規格での整備方針について説明があったという。長崎県はフル規格での整備を求めていた。

面談終了後に記者団への取材に応じた中村知事は「フル規格での整備が決まったことで、ほっとしている」と安堵の様子を見せた。今後については「国交省や佐賀県、JR九州と4者で検討を深めていくべきとの方針が示されている。議論が前に進むように協力していく」と強調した。

山本委員長は7日午前、福岡市内のJR九州本社も訪問。青柳俊彦社長と面会し、方針を説明したという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]