脱「護送船団」好機に 愛知トヨタ、最多店舗網が武器
ナゴヤの名企業 新戦国時代 第1部 自動車(4)

2019/8/8 12:00
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車が全国に280社ある販売会社の改革を急いでいる。4系列に分かれた車種の2020年からの併売を決めたことで、販売会社の「護送船団方式」が終わり、同系列同士でも真剣勝負を求められる時代に突入する。トヨタ系の多くの販売会社は身構えるが、愛知県を地盤とする愛知トヨタ自動車をはじめとする巨大グループは好機とみて攻勢に出る。

「売れ行きは堅調。他の輸入車の取り扱いも検討している」。2019年春、…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]