/

中秋の名月、ハープ奏で 金沢のホテル

金沢彩の庭ホテル(金沢市)は8日、今年の「中秋の名月」である9月13日の夜に屋上で開く晩さん会の申し込み受け付けを始める。ハープ奏者の演奏と共に、和洋折衷の料理が楽しめる。中心市街地から距離があり、周囲に高層ビルなどがない立地を月の観賞に生かす。

周囲に高いビルがない立地を生かす(金沢市)

月を見ながら夕食を楽しむディナーイベント「中秋の名月を賞(め)でる野外晩餐会」の販売を始める。午後7時から2時間で、同ホテルの料理長が洋風料理を器や盛りつけで和風にアレンジしたメニューを提供する。イベント中は石川県に住むハープ奏者が月にちなんだ曲を演奏する。

料金は夕食のみが1人税別1万円で、宿泊込みの場合は通常よりも広いデラックスツインルームで同2万7000円。定員はカップル限定で先着10人とする。

同ホテルの本郷一郎支配人は「駅や繁華街から少し離れているハンディキャップを逆手に他のホテルにはない魅力を楽しんでほしい」と語る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン