[社説]リクナビ問題が映すデータ活用の課題

2019/8/7 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京・千代田)が、学生の内定辞退率を予測し販売するサービスを廃止した。当然の対応だろう。個人データの扱いを誤れば、事業が深刻な打撃を受けかねないことを企業は肝に銘じるべきだ。

同社は学生がいつ、どの企業の情報を閲覧したかを人工知能(AI)で分析。内定を辞退する確率を一人ずつ割り出し、2018年以降、38社に販売していた。

問題になったのは本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]