復興拠点整備の廃棄物埋め立てで協定

2019/8/7 18:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

環境省と双葉地方広域市町村圏組合、福島県は、東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域の特定復興再生拠点区域の整備で出た廃棄物などを、同県大熊町の休止中の処分場で埋め立てる基本協定を結んだ。環境省が今年秋から放射線量などの調査や復旧作業に当たり、2~3年後をメドに利用を開始する計画。

処分場は「ク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]