/

この記事は会員限定です

曙ブレーキ、200億円の使い道に募る不安

証券部 山田航平

[有料会員限定]

経営再建中の曙ブレーキ工業の業績悪化に歯止めがかからない。2019年4~6月期は主力の北米での苦戦などが響いて連結最終損益が88億円の赤字となり、6月末時点で4億円強の債務超過に陥った。7月に事業再生ファンドから200億円を調達することで合意したものの、大半は生産能力を削減するための「止血」に充てる。200億円の調達そのものについてもハードルが残っており、再建に向けての霧は晴れない。

「7~9月期末には(債務超...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン