「京アニ作品の質 落とさない」 制作に没頭する社員
突然の火災、2階から飛び降り一命取り留める

2019/8/7 16:45
保存
共有
印刷
その他

放火殺人事件で35人が死亡した京都アニメーションでは、今もスタッフが制作活動を続けている。事件は8日で発生から3週間。事件当日、現場となった京都市伏見区の第1スタジオから脱出した男性社員(52)は、腕に負った打撲が治らないうちから職場に復帰。喪失感を抱えながらも「クオリティーが落ちたと思われないように頑張ろう」と仕事に没頭している。

【関連記事】献花台に折り鶴5万羽 京アニ事件3週間

7月18日の…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]