/

庭で日焼け中に熱中症か 男性が死亡 愛知・弥富

愛知県弥富市の住宅の庭で日焼けをしていた男性(28)が心肺停止になって病院に運ばれ、死亡していたことが7日、地元消防への取材で分かった。熱中症とみられる。

海部南部消防組合によると、6日午後3時20分ごろ、外出先から帰った母親が庭の簡易ベッドで、ぐったりしている男性を見つけて119番通報した。救急隊が駆けつけたが、すでに呼吸が止まっており、約40分後に死亡が確認された。

気象庁によると、弥富市に隣接する同県愛西市の6日の最高気温は午後1時半すぎの34.2度。午後3時ごろも32.7度の暑さだった。

総務省消防庁のまとめによると、7月29日~8月4日の1週間に全国で約1万8千人が熱中症の疑いで搬送され、57人が亡くなった。同庁はこまめな水分補給などを呼びかけている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン