2019年9月23日(月)

水産物の店頭価格、魚卵系値下がり 6月の千葉市内

2019/8/7 15:14
保存
共有
印刷
その他

千葉県は総務省の物価統計を基にした6月の千葉市内の小売価格動向をまとめた。生鮮食品の多くが前年同月とほぼ同じ水準で推移するなか、漁獲が好調なタラコやイクラなど魚卵系の商品が値下がりした。

タラコの店頭価格は100グラムあたり429円と前年同月に比べて2割安かった。親であるスケソウダラの漁獲量が北米を中心に好調で、卸売市場への供給量が増えた。イクラもサケ不漁の影響が一服し、前年同月に比べて3%下がった。

青果ではサクランボの店頭価格が前年同月比で3割上昇した。春先の天候不順が響き、主産地の山形県を中心に出荷量が減少した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。