/

この記事は会員限定です

エレコム、不断の高速開発 デジタル機器の4割で首位

[有料会員限定]

マウスやスマートフォンの保護ケースなどデジタル周辺機器が主力のエレコム。2018年の市場調査では、関連する30製品のうち13分野でトップシェアを握った。「勝率4割」を可能にするのは、年4千もの新製品を世に出す高速開発だ。メール1本で開発に着手し、製品群の3分の1を毎年捨てる新陳代謝により、目まぐるしく変化する市場を生き抜く。

18年6月、若手開発者(26)が社長や役員に一斉メールを送った。「ご確認下さい」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2040文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン