/

この記事は会員限定です

臨時国会、10月召集軸に 政府・与党、自民は改憲案提示めざす

[有料会員限定]

政府・与党は秋の臨時国会を10月中に召集する方向で検討する。政府は新規の提出法案(閣法)を20本程度としたい考えで、与党と調整を進める。上場企業などに社外取締役の設置を義務づける会社法改正案が目玉だ。憲法改正論議については、自民党が衆参両院の憲法審査会で改憲案の提示をめざす。皇位継承式典の日程をにらんで召集日と会期幅を詰める。

第2次安倍政権の発足後、秋に臨時国会を開いた4回(衆院解散のため1日で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン