/

コメ先物、試験上場延長を認可 農水省

農林水産省は7日、大阪堂島商品取引所が申請していたコメ先物取引の試験上場の延長を認可した。延長は4回目で、上場期間は2021年8月7日までの2年間。堂島商取は当初は本上場を申請していたが、農水省から「本上場が認められるほどの十分な取引量がない」と指摘され、試験上場の延長に申請を切り替えていた。

延長の認可を受けて堂島商取の岡本安明理事長は7日、「コメ先物市場の重要性について一定の理解が得られた。本上場実現に向けてまい進していく」とのコメントを出した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン