公取委、ゼネコン4社に再発防止要請 子会社談合巡り

2019/8/7 9:28
保存
共有
印刷
その他

公正取引委員会が8月初旬、道路舗装を手掛ける子会社や関連会社による談合、カルテルが相次ぐ実態を重く見て、大手ゼネコン4社の社長を順次呼び出し、グループ全体の再発防止策の策定やコンプライアンス(法令順守)の徹底を申し入れていたことが7日、関係者への取材で分かった。

関係者によると、大林組、鹿島、大成建設、清水建設の4社が申し入れを受けた。公取委の杉本和行委員長が各社の社長と面会し、要請した。委員長…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]