米スナップ、10億ドルを社債で調達 AR分野に投資へ

2019/8/7 4:17
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=白石武志】写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を運営する米スナップは6日、10億ドル(約1060億円)の転換社債を発行すると発表した。調達した資金は写真を加工して楽しめる拡張現実(AR)機能の拡充などに振り向け、米フェイスブック傘下の写真投稿アプリ「インスタグラム」などに対抗する狙いとみられる。

スナップの転換社債は2026年満期で、条件に応じて現金での償還か株式への転換、…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]