稼働率190% 驚異の中国ホテル 時間貸しカギ[36Kr]

36Kr
スタートアップGlobe
アジアBiz
コラム(テクノロジー)
2019/8/8 2:00
保存
共有
印刷
その他

多様な用途で利用できる新業態のホテルブランド「盒子空間(SPACEBOX)」が、シリーズA+で「浅石創投(Aqua Ventures)」から資金を調達した。今年1月にも浅石創投が主導するシリーズAで約2000万元(約3億1000万円)を調達しており、これまでの調達額は累計5000万元(約7億9000万円)になる。

SPACEBOXは2017年4月に開業。個人経営の既存ホテルを若者向けに改装し、集客を手がけ、宿泊以外の用途を開拓し、マネジメントを改善するなどして、利用率や客室稼働率を上げている。

客室をマージャン部屋などに改装して集客(盒子空間提供、写真はイメージ図)

客室をマージャン部屋などに改装して集客(盒子空間提供、写真はイメージ図)

昨年末時点で北京、上海、広州、杭州などの一~二級都市で30店以上の既存ホテルをフランチャイズ化している。総客室数は1000室以上で、現在月500室のペースで拡大中だ。ホテルの立地は学校周辺や商業エリアで、30室以上を備える宿泊施設を対象としている。利用客の多くは25歳以下の現地在住者で、登録顧客数はすでに40万人に達している。利用客の90%以上はSNSの公式アカウントやミニプログラム経由で獲得しており、リピート率は60%を超えている。

盒子空間の空間設計は、3つの基本思想から成る。

1)昼間には空き室になることが多い客室を有効利用する。

2)客室に宿泊以外の多様な用途を持たせる。

3)1階のホール部分を単なるレセプションにせず、別の用途でも利用して運営効率を上げる。

その結果、以下のようなサービスが生まれた。

まずは、客室の時間貸しだ。これにより、客室稼働率は190%に達したという。創業者兼CEOの厳澄峰氏によると、同社は創業初期の試験段階で民家を借りて現在の運営モデルを試している。その結果、時間貸しのシステムは坪売上も高く、RevPAR(販売可能な客室1室あたりの収益)が200~300元(約3100~4700円)に達したという。これは一般的な格安ホテルチェーンの100元(約1600円)を大幅に上回る額だ。

アプリで簡単に客室を予約できる(同)

アプリで簡単に客室を予約できる(同)

次に、若者向けのサードプレイスとして、多様な機能を備えた空間の提供だ。室内を大々的にリフォームし、パーティーや自習などさまざまな活動に適した空間に作り替えた。UX(利用者の使用体験)を充実させるための施策だが、厳氏によると、施工の難易度やコストコントロールも考慮したという。自社で施工チームを持ち、サプライチェーンの改善も図った結果、わずか30日でホテル1棟のリフォームを完了できる体制を築いた。コストは1部屋当たり1~2万5000元(約16万~39万円)だという。

最後に、自動チェックイン機能の導入だ。レセプションが不要になったため、そのスペースを飲食店や小売店に貸し出し、利用率と売り上げを上げている。

ホテルブランドのロゴ(同)

ホテルブランドのロゴ(同)

マネジメント体制は、2~3店の加盟店に対して1人の支配人を派遣し、経営データやサービスの質を管理する。リネン類や消耗品、クリーニングサービスなどは全店共通のものを使う必要はないが、各店が提携するサプライヤーは本部の審査を通し、本部の求める条件を満たす必要がある。

管理の利便性や運営効率の向上のため、各加盟店は盒子空間が独自に開発したPMS(宿泊予約・客室管理システム)およびCRS(集中予約システム)の導入が義務付けられている。PMSは、近隣のホテルの状況を見ながら宿泊料を随時調整するほか、自動チェックインシステムや公安局への直通連絡機能を備える。これらによって、同社は人件費の20%を削減した。

厳CEOによると、全加盟店がすでに黒字化を達成している。現在は次の業態として、コワーキングスペースと宿泊設備を併設した施設の試験運営を始めている。

「36Kr ジャパン」のサイトはこちら(https://36kr.jp/)

中国語原文はこちら(https://36kr.com/p/5222896)

 日本経済新聞社は、中国をはじめアジアの新興企業の情報に強みをもつスタートアップ情報サイト「36Kr」(北京市)と業務提携しています。同社の発行するスタートアップやテクノロジーに関する日本語の記事を、日経電子版に週2回掲載します。
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]