/

この記事は会員限定です

証券ベンチャー浮上せず 「基準クリア」1社だけ

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

東証の売買高低迷を背景に、オンラインを含む主要証券会社の2019年4~6月期決算は軒並み大幅減益・赤字になった。ロボアドバイザー、テーマ株投資など新たなアプローチで個人投資家の開拓を目指している証券ベンチャーも多額の赤字を出し、資本を食いつぶす状態が続いている。東京株式相場は円高もあって買いづらい局面だ。目先は反発する可能性もあるが、米中対立が泥沼化しそうで、景気への悪影響は拭えない。

7月の東証...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン