/

「NO日本旗」撤去し謝罪 韓国、不快感与えると批判

【ソウル=共同】韓国・ソウル市の中区が6日、日韓政府間の対立を背景に、日本製品の不買運動を呼び掛ける旗を日本人観光客が多く訪れる繁華街の街頭に掲げたところ「韓国が好きで来ている日本人に不快感を与える」と批判が殺到し、撤去に追い込まれた。同区は同日午後「批判を謙虚に受け止める」と謝罪した。

中区は5日、日本が「ホワイト国(優遇対象国)」からの韓国除外を決定したことに抗議するとして「NO ボイコット日本」と書かれ、不買や日本旅行の取りやめを呼び掛ける旗を1100本設置すると発表。6日に一部を設置した。

しかし日本に厳しい論調を取る革新系の韓国紙、ハンギョレまでも設置を批判したほか、大統領府がインターネットで国民からの請願を受け付けるサイトにも中止を求める書き込みが寄せられた。

これを受け、中区の徐良鎬区長(与党「共に民主党」)は6日午後「国民に謝罪する」とフェイスブックに投稿した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン