マネー、高リスク資産回避 米中対立激化を警戒

2019/8/6 20:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の投資マネーが高リスク資産を回避する動きを強めている。米中対立が先鋭化し、新興国の株や高利回り債など相対的にリスクが高い投資資産の価格が下がっている。新興国の信用力指標も悪化が目立つ。米国では目先のリスクが大きいとの見方から、景気後退の前兆とされる長短金利差の逆転(逆イールド)幅が拡大している。各国の政策余地は乏しく、市場がショックに弱い理由となっている。

「米中間の摩擦は落としどころが見え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]