新薬開発と医療費抑制どう両立? 中山製薬協会長に聞く
そこが知りたい

ヘルスケア
2019/8/6 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1度の利用で数千万円する超高額薬が日本にも広がってきた。5月に薬価収載された白血病薬のキムリアの値段は、3349万円と破格だ。ただ保険が適用されるため、日本ではその多くを国と健康保険組合が負担することになる。新薬開発と医療費抑制をどう両立すべきか。日本製薬工業協会の中山譲治会長(第一三共会長)に聞いた。

――キムリアなど、薬価が非常に高い薬が相次いでいます。

「確かに価格の高さが目を引くところは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]