/

関電、アフリカにランタン WASSHAと業務提携

関西電力は6日、アフリカの未電化地域で発光ダイオード(LED)ランタンの貸し出しサービスを展開するスタートアップ企業、WASSHA(東京・文京)と業務提携したと発表した。WASSHAは事業拡大に備え、関電経由で太陽光パネルなどの関連機材を確保。レンタル拠点となる現地のキオスク(雑貨店)の開拓に力を入れる。

WASSHAは2013年設立。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の技術を使った未電化地域での電力サービスを手掛ける。キオスクの屋根に置いた太陽光パネルから充電したLEDランタンを貸し出す(一晩約25円)。LEDランタンのロックはスマートフォンで解除。これまでに1100店舗以上のキオスクと取引している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン