2019年9月24日(火)

がんゲノム医療、安く速い検査法カギ 慶大教授に聞く
慶応病院がん患者向けに独自の検査法

2019/8/7 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

がん患者の遺伝子を調べて最適の抗がん剤を選ぶ「がんゲノム医療」が、6月から国の保険の対象になった。副作用を抑え、治療効果が高まると期待される。だが現時点では対象の患者は一部で、がんが進行してから遺伝子検査を初めて受けるケースも多い。独自の取り組みを進める慶応義塾大学の西原広史教授に、課題と対策を聞いた。

【関連記事】がんゲノム医療が保険適用 新たな治療に光は差すか

――がんゲノム医療が、本格的に始まりました。

慶応義塾大学の西原広史教授

慶応義塾大学の西原広史教授

「114~324種類の遺伝子を調べるシスメックス中外製薬の2種類の検査法が、国の保険の対象になった。収入に応じて数万から十数万円と、比較的安く…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。