/

この記事は会員限定です

がんゲノム医療、安く速い検査法カギ 慶大教授に聞く

慶応病院がん患者向けに独自の検査法

[有料会員限定]

がん患者の遺伝子を調べて最適の抗がん剤を選ぶ「がんゲノム医療」が、6月から国の保険の対象になった。副作用を抑え、治療効果が高まると期待される。だが現時点では対象の患者は一部で、がんが進行してから遺伝子検査を初めて受けるケースも多い。独自の取り組みを進める慶応義塾大学の西原広史教授に、課題と対策を聞いた。

――がんゲノム医療が、本格的に始まりました。

「114~324種類の遺伝子を調べるシスメックス中外製薬の2種類の検査法が、国の保険の対象になった。収入に応じて数万から十数万円と、比較的安く検査を受けられる。保険...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1130文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン