/

この記事は会員限定です

茶農家は下請けじゃない 矢部園茶舗社長・矢部亨氏

キーパーソン

[有料会員限定]

日本茶はペットボトルの普及でより身近になったかに映る。一方でお茶の風味を味わう作法や精神文化が手軽さの向こうに追いやられつつある。何よりお茶農家がコストを追求する飲料メーカーの圧力に疲弊している。宮城県塩釜市で老舗茶商矢部園茶舗を経営する矢部亨氏(51)は「お茶の文化を何とか伝えたい」と熱く魅力を説く。

――2018年、1本400円の高級日本茶のペットボトル(190ミリリットル)を発売しました。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り656文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン