/

ニコンの4~6月、純利益50%減 一眼レフ落ち込む

ニコンが6日発表した2019年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比50%減の82億円だった。スマートフォンの高機能化によるデジタルカメラ市場の縮小に加え、景気が減速している中国などで一眼レフカメラの販売が落ち込んだ。液晶や有機ELパネルの製造に使うフラットパネルディスプレー(FPD)露光装置も苦戦した。

売上高は14%減の1429億円。一眼レフは高級機が堅調な半面、入門機が振るわなかった。ミラーレスカメラを含む「レンズ交換式カメラ」全体の販売台数は45万台と21%減った。FPD露光装置は主に中小型パネル向けが厳しかった。

営業利益は51%減の93億円。品ぞろえを拡充しているミラーレスカメラで開発関連の初期投資がかさみ、カメラ事業の営業利益は72%減の35億円と大きく落ち込んだ。FPD露光装置や半導体露光装置を手がける精機事業の営業利益は28%減の101億円だった。

同日の記者会見で岡昌志副社長は「デジカメの市況は足元で一段と悪化しており、第2四半期以降の業績は不透明感が高まっている」と述べた。

20年3月期通期の業績見通しは従来予想を据え置いた。売上高が前期比5%減の6700億円、純利益が37%減の420億円を見込む。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン