AIが向くスポーツ診断 ISIDがシステム販売

2019/8/6 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電通国際情報サービス(ISID)は、人工知能(AI)を使ってどんなスポーツが向いているかを提案するシステムの販売を始める。身体測定や体力測定の結果を基にサッカーやカヌーなど74種類の競技の中から提案する。2020年の東京五輪によるスポーツへの関心の高まりも見据え、主に子どもの利用を見込んで全国の自治体やスポーツ施設に売り込む。

開発したシステム「DigSports(ディグスポーツ)」は、まず3次…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]