/

この記事は会員限定です

小田原紙器工業、販促用のペットボトル水を展開

[有料会員限定]

パッケージ製造を手掛ける小田原紙器工業(神奈川県小田原市)は、企業が自社の販促活動に使うオリジナルデザインの飲料水の販売事業を展開する。2018年末に飲料水事業に新規参入したが、ミネラルウオーターの充填を委託する事業者の設備増強に合わせて小口対応など営業を本格化する。同事業の強化で22年5月期の全社売上高を現在の約2倍の20億円弱にすることを目指す。

企業が販促や来客への配布に使う飲料水「PRウォ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り781文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン