/

この記事は会員限定です

ミャンマー株 外国人に解禁 相場低迷で資金流入狙う

外国人所有35%容認、未上場市場も新設

[有料会員限定]

【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマーがヤンゴン証券取引所の活性化を急いでいる。年内にも外国人の持ち株比率を35%まで認めて資金流入を促すほか、未上場株市場も新設し資本市場の裾野を広げる。2011年の民政移管とそれにともなう経済改革で沸いた外国からの直接投資熱が一段落してきたため、金融市場を通じて外国からの資金を呼び込む考えだ。

ヤンゴン証取は国営ミャンマー経済銀行と大和総研、日本取引所グループが出資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン