2019年9月16日(月)

ミャンマー株 外国人に解禁 相場低迷で資金流入狙う
外国人所有35%容認、未上場市場も新設

アジアBiz
2019/8/6 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマーがヤンゴン証券取引所の活性化を急いでいる。年内にも外国人の持ち株比率を35%まで認めて資金流入を促すほか、未上場株市場も新設し資本市場の裾野を広げる。2011年の民政移管とそれにともなう経済改革で沸いた外国からの直接投資熱が一段落してきたため、金融市場を通じて外国からの資金を呼び込む考えだ。

ヤンゴン証取は国営ミャンマー経済銀行と大和総研、日本取引所グループが出資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。