/

米バーニーズ・ニューヨークが破産法申請

バーニーズは「困難な小売り環境と過度に高い賃料のため、財務状態が劇的な打撃を受けた」とコメントした=ロイター

米高級百貨店バーニーズ・ニューヨークは6日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表した。ネット通販との競争や不動産賃料の高騰で経営が悪化していた。同社は7500万ドル(約80億円)の融資をゴードン・ブラザーズとヒルコ・グローバルの関連会社から受けることで合意したことも明らかにした。

再建のためシカゴ、ラスベガス、シアトルにある店舗やコンセプトストアを閉める。ニューヨークのマディソンアベニューや、ビバリーヒルズ、サンフランシスコなどにある旗艦店5店舗は営業を続けるとしている。

バーニーズは同日「困難な小売り環境と過度に高い賃料のため、財務状態が劇的な打撃を受けた」とコメントした。バーニーズを巡っては、複数の欧米メディアが7月、破綻申請を検討していると伝えていた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン