/

この記事は会員限定です

首都圏の中小製造業、受注減受け次の一手へ

中小企業 勝ち抜く条件~不確実性への備え(下)

[有料会員限定]

首都圏の中小製造・加工業は、中国の景気減速などの余波を受け受注が低下している企業もある。半面「受注をこなすのに精いっぱいだった時期に比べ余裕ができた」との声もある。東京都内では受注減を機に足元の事業を見直し、新規顧客の開拓につなげる動きも相次ぐ。

「パソコンや産業機械向けのコネクターの加工受注がなかなか戻らない」。東京都調布市の電子部品加工会社の経営者は肩を落とす。コネクターの加工が好調で売上高が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン