/

0点でも「おまえはやれる」 熊高がくれた自信

高浜正伸・花まる学習会代表(下)

高浜正伸・花まる学習会代表

「メシが食える教育」を掲げて注目される花まる学習会の高浜正伸代表(60)は、名門の県立熊本高校で野球とナンパに明け暮れ、成績は右肩下がりに。それでも、認めてくれる先生やガールフレンドの存在が自信を与え、支えてくれた。大学院を卒業するまで三浪四留と時間がかかったが、花まる学習会の揺るぎない理念が出来上がったのも、自分を信じ、心の声に耳を傾け続けたからこそ。若い世代にも「焦らず幅広く挑戦し、自分に合うことを見つけてほしい」とエールを送る。

<<(上)「いい子」の殻破った熊高野球部 花まる学習会代表

ずっと心に残ったのは「好きに生きろ」という言葉だった。

高校では野球と女の子が生活のすべてだったので、成績はどんどん下がりました。最初は結構上位にいたのですが、最後は500人中ビリに近い方。「ウサギとカメ」のウサギですね、典型的な。最初は前を走っていたのに、いつの間にか「カメはだいぶ前にゴールしております」という状況でした。

それでも、旧制中学の流れをくむ学校らしく、校風として「勉強しろ」とは一度も言われませんでした。保護者も普通は言いますよね。「先生、何かおっしゃってくださったんですか?」とか。熊高は親も何も言わないし、先生も何も言わない。主体性を大事にしてくれました。

影響を受けた先生といえば、高3の担任だった数学の平野先生です。怖くて有名で、今だったら許されないでしょうけど、黒板消しで生徒の頭をボコボコにしていました。でも、なぜか僕のことは認めてくれていて、全然殴られませんでした。「お前は自分でいつかやるやつだって、おれは分かっている」と言われました。

物理か何かのテストで零点を取ったとき、おもしろがって「高浜君の零点の答案」と書いて貼っていたら、平野先生がダーッと走ってきたんです。わぁ、いよいよ殴られるか、と思ったら「ばか、『君(くん)』はいらないだろうが」。おもしろい人なんです。なぜ認めてくれたのかは、いまだにわかりません。でも「好きに生きろ」と。「好きに生きられるやつがそもそも少ないんだ。お前はきっとそれをやれるから」というようなことを言われたのを覚えています。これは力になりました。

節目節目で自信をつけてくれる人がいた。

3年生で付き合った彼女も、一生に影響を与えてくれました。頭が良くて、僕より精神的に20歳ぐらい大人でしたね。イケメンの同級生を見ても「あぁ、あれは観賞用かな」という感じ。「あなたは今、自分じゃわかっていないけど、必ず大きな仕事をする人だよ」と言い続けてくれました。実は、僕は小さいころ体が弱くて、姉や弟に引け目を感じていました。親父は甘え上手の弟ばかりをかわいがっていて、根っこでは不安だらけ。それを彼女が自信をつけて、完全に新しい自分にしてくれたと思います。

「信用できる大人があちこちにいたのは恵まれていました」と振り返る

浪人中もパチンコやマージャン、女の子にケンカです。三浪が決まった時も悲愴(ひそう)感はなかったですね。中学から続けていた日記には「いよいよ三浪だ。物語はこうでなくっちゃね」と書いてありました。このぐらいから復活していくのが物語としてはおもしろいでしょ、と。

勉強の面で「自分は大丈夫だ」と自信を付けてくれたのは、少し遡りますが小6の担任だった高野先生です。ひいきしてくれて「お前はものすごい才能を持って生まれているんだから、特別な自習をしてこい。俺が見てやる」と言われたら、やる気になりますよね。「え、マジで?スポットライト来ちゃったー!」と大喜びして、どんどん勉強しました。

そうするとできるようになって、中1のときは県でトップレベルになりました。それ以来、自分はやればいつでもできる、と信じられました。でも、後で分かったのですが、実はクラスの全員が「ひいき」されてたんです。みんな「俺だけ先生に認められちゃった」と思い込んでいました。無理にやらせるのではなく、ちょっとしたひと言でやる気に火を付けちゃう。教育者としてすごい人でした。

熊高の先生でもう1人印象に残っているのは、英語の松木先生ですね。浪人時代に何度も不祥事を起こしていて、学校へあいさつに行ったときです。先生はニッコニコして「高浜、いいよねー。お前はやるよ!」と言うんですよ。「これで褒められるのか?!」と驚きました。正直、その人は昔ワルだったみたいなのですが、英語で一番の先生になりました。

熊高で「君はなんでそんな事件を起こしたんだね」みたいな、型にはまったことを言う先生はいなかった。信用できる大人があちこちにいたのは恵まれていました。いま自分も教育者になったので分かりますが、先生たちはそれぞれの生徒を見立てて「こいつは手出ししてあげないとだめ」とか「こいつはほっといても大丈夫」とか、判断していたのだと思います。僕の場合、普通の注意をしても無駄だと思われていたのでしょうね。

東大農学部に進んだ後もやりたいことを追求した。

大学入学後、仲間と高田馬場クリエイティブクラブという集団を作り、絵画や映画、落語など、次々と面白いことを見つけてはのめり込みました。でも、3年が過ぎて急にそんな生活が嫌になり、何もかも捨てて牛乳配達をしながら思索することにしたんです。それを一緒にやったのが、高3の同級生で今も一緒に仕事をしている西郡文啓(西郡学習道場代表)です。こんなことを一緒にやってくれる人は、なかなかいませんよね。

午前中にそれぞれ牛乳配達をしてから、生きることや社会の様々な問題をひたすら考え続け、夕方になると2人で激論を交わす。そこからまた10キロぐらい走って、銭湯に入って寝る。こんな日々を1年間、繰り返しました。

このとき、将来は教育か芸術でやっていくという、大きな方向性を決めました。議論の末、「世の中の大問題はすべて人の感性や価値観に起因している」という結論に達したからです。感性や価値観は教育か、その人を芸術で感動させることでしか変えられません。ゴミの問題、差別や宗教対立、すべてが感性に行きつき、これは子どものころの教育でしか変えられない。こうした考えにたどり着いたのが、24歳のときでした。今は当時考えたことを順番に実行しています。

答えは自分の中にある。

実は音楽をずっとやりたくて、一時期はプロを目指していました。農学部でも木材物理という分野で、マリンバやピアノといった楽器に使う木材の物性を研究しました。曲作りには絶対の自信があったのですが、本当に世の中に残る音楽は、黒人のブルースやジャズ、労働者階級のロックみたいに、抑圧されたところからしか生まれないんですよね。中途半端に恵まれた俺には無理だな、と気づきました。

一方の教育でいうと、当時の塾は「有名中学合格」を掲げるところばかり。引きこもりの問題に着目した「メシが食える教育」というのはまだ誰もやっていなかった。アルバイトで塾や予備校の現場に行ってみたら、本当に水が合って飽きない。これは絶対にやれる、と思いました。

今の自分のテーマは、次のリーダーを育てるということです。若くてやる気のある人に社長などの肩書を付けて、資金のやりくりがいかに難しいかなどを経験させています。若い人は、次の世代の感性で育っていくと思うんですよね。そのときに「人を引っ張れる器」のある人材に育ててあげるのが、僕の仕事だろうと考えています。

大きな変化の時代で、5年後がどうなるかも分からない。そういう時代には、常に自分の頭で考え、学んで、発想することが求められます。人生で自分が何をやりたいのか、その思いこそが一番重要で、答えは自分の内側にしかありません。とにかくまず動いて、幅広くいろいろやってみて、どうもこれが合っているな、というのを見つけてほしい。僕が花まるを始めたのは33歳の時です。ここまで遅くなくていいと思いますが、本当にやりたいと思えるものを見つけて自分を磨けば、30歳からでも十分にチャンスはあります。

<<(上)「いい子」の殻破った熊高野球部 花まる学習会代表

 花まる学習会
 1993年設立。埼玉県川口市の2教室、会員25人で始まった。「生きる力」を育む野外体験などユニークな教育が注目を集め、2019年7月現在、12都府県360教室で約2万人が学ぶ。15年からはグループで音楽教室を始めたほか、佐賀県武雄市で官民一体型小学校の運営に携わっている。

(ライター 高橋恵里)

「リーダーの母校」記事一覧

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン