ふるさと納税と地方財政(1) 指摘されるいくつかの問題点
近畿大学准教授 鈴木善充

やさしい経済学
2019/8/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

最近、「ふるさと納税」がメディアで取り上げられることが多くなっています。この背景には「わずか2000円の自己負担で、2000円を大きく上回る価値の返礼品がもらえる」という、これまでにはなかったような体験ができることがあります。

ふるさと納税は2008年度から始まり、開始初年度の受け入れ額は約81億円でした。11年に東日本大震災の被災地への寄付を促進するため、適用下限額が5000円から現在の200…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]