/

この記事は会員限定です

相続、デジタル化で迅速に 三井住友信託 遺言執行、時間半減めざす 「大相続時代」に備え

[有料会員限定]

三井住友信託銀行は相続手続きにかかる時間を半減させる。2020年をめどに、預金や株式など多岐にわたる相続財産の目録を電子管理するシステムを整える。法定相続人が一目で分かる関係図をつくるシステムも活用する。今の相続はいくつもの書類を郵送で取り寄せる必要がある。他の金融機関と効率の良い仕組みをつくり、相続ビジネスの基盤に育てる。

相続を円滑に進めるには、まずは亡くなった被相続人が持つ財産をすべて調べる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン