日清フーズ、全粒粉入り「4分パスタ」 健康と簡便性

2019/8/6 12:28
保存
共有
印刷
その他

日清フーズ(東京・千代田)は6日、「マ・マー」ブランドで展開する早ゆでパスタから、小麦全粒粉入りの新製品を20日に発売すると発表した。全粒粉は植物繊維やミネラルを豊富に含む。パスタの形状を改良し、熱を通しやすくして、4分でゆで上がるようにした。

全粒粉入りの早ゆでパスタを投入する(6日、東京都中央区)

新商品は「マ・マー 早ゆで4分スパゲティ 小麦全粒粉入り 1.6ミリメートル 300グラム」。これまで全粒粉を入れるとゆで時間がかかるのが課題だったが、独自のパスタ形状で短縮した。希望小売価格は税別280円。全国のスーパーなどで販売する。

このほか、冷凍パスタ「マ・マー THE PASTA」から、4種の魚介入りペスカトーレや彩り野菜のトマトバジルなど10品を9月2日に発売する。ソースや具材など味の設計を改良した。

パッケージも従来の横型から縦型に変更し、小売店の店頭でより目立つようにした。店頭想定価格は税別200円前後。冷凍食品市場は拡大しているが、冷凍パスタの購入経験者は3割程度にとどまるという。

同日、都内で開いた発表会で日清フーズの小池祐司社長は「物流費や原材料費の高騰など外部環境は非常に厳しい。『簡便』や『本格』を切り口にした高付加価値の製品を今後も打ち出していく」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]