2019年9月22日(日)

サムスン 越IT2位に25%出資 AI分野など協力

アジアBiz
2019/8/6 11:38
保存
共有
印刷
その他

【ハノイ=大西智也】韓国サムスン電子グループはベトナムIT(情報技術)2位のCMCコーポレーションの株式25%を取得することを決めた。サムスンはベトナムにスマートフォンを生産する巨大工場を持ち、関連部品メーカーも集積する。両社は人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」分野などで、まず現地の韓国企業に新サービスを提供する。

サムスンはベトナム北部に巨大スマホ工場を抱える=ロイター

サムスン電子グループのシステム開発会社、サムスンSDSが近く株式を取得する。取得額は明らかにしていないが、現地メディアによると外国企業によるベトナムIT企業への過去最大の投資になるという。

両社は今後、AIやIoT分野のほか、クラウドコンピューティングや情報セキュリティーなどで共同事業を展開する。CMCは、サムスンからの出資をバネに、東南アジア全域での事業拡大もめざす。

サムスンはベトナム北部に2カ所のスマホ工場を持ち、南部には家電工場を構えている。サムスン製品はベトナムの総輸出の約25%を占めており、同国での存在感が大きい。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。