SAP、日本に2つの開発施設 顧客とイノベーション

2019/8/6 12:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

ソフトウエア大手の独SAPの日本法人、SAPジャパン(東京・千代田)は5日、日本に2つの研究開発施設を設立すると発表した。デジタル変革に必要なサービスや設備を提供する顧客企業やパートナー向けの施設「SAP Leonardo Experience Center Tokyo(SAPレオナルド・エクスペリエンス・センター東京)」と、SAP社内の研究開発組織の日本拠点となる「SAP Labs Japan(SAPラボ・ジャパン)」だ。

SAP Leonardo Experience Center TokyoのImmersive Experienceルーム

SAP Leonardo Experience Center TokyoのImmersive Experienceルーム

SAPのクリスチャン・クライン最高執行責任者(COO)は、「顧客企業やパートナーと共同でイノベーションを実施し、日本企業の知見を製品に取り込んでいきたい」と設立理由を説明した。SAP Leonardo Experience Centerの開設は、ドイツに続いて2拠点目となる。

SAP Leonardo Experience Center Tokyoは、SAPの顧客企業などであれば自由に利用できる。デザイン思考の実践に必要な設備や、SAPのアプリケーションを利用したデモ設備、360度をスクリーンで囲んだ「Immersive Experience(イマーシブ・エクスペリエンス=没入型体験)ルーム」などを備える。

SAPジャパンの福田譲社長は「施設の投資対効果は考えていない。デジタル変革に取り組む企業が増えれば、いずれSAPジャパンの事業拡大に貢献するだろうとの考えで開設した」と説明する。

■VHS開発した日本のチーム力に期待

SAP Labs Japanは「顧客企業と協力してSAP製品にイノベーションを取り込むための組織だ」(福田社長)。製造業など日本が強みを発揮する分野で日本企業が必要とする機能を、SAPジャパンが日本のユーザー企業と一緒に開発していく。約40人体制でスタートし、2020年までにさらに40人を増やす予定だ。

SAP Labs Japanのシュネード・カイヤマネージングディレクターは「以前、日本のテレビ番組を翻訳する仕事で、(家庭用VTRの)VHSや(マツダの)ロータリーエンジンの開発経緯を見て感銘を受けた。日本のチーム力や創意工夫を凝らす力は、デジタル変革の時代でも発揮される」と強調。SAP Labs Japanではデジタルサプライチェーン管理(SCM)や、ブロックチェーン(分散型台帳)の製造業への適用などを研究する予定と明らかにした。

(日経 xTECH/日経SYSTEMS 島田優子)

[日経 xTECH 2019年8月5日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]