日経平均続落、134円安の2万0585円 米中対立を嫌気

2019/8/6 9:10 (2019/8/6 15:55更新)
保存
共有
印刷
その他

6日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、前日比134円98銭(0.65%)安の2万0585円31銭で終えた。6月4日以来、約2カ月ぶりの安値だった。米中対立の激化を嫌気した売りが先行したが、後場は急速に下げ渋った。中国人民銀行(中央銀行)による人民元取引の基準値の設定で安心感が広がり、株価指数先物が買い戻された。時間外取引での米株価指数先物の上昇や円高・ドル安進行の一服も支えとなった。日中の値幅は497円と、2018年12月27日(509円)以来の大きさで今年最大だった。

中国人民銀行(中央銀行)が人民元取引の基準値を1ドル=6.9元台に設定。投資家が警戒していた1ドル=7元台よりも元高だったため、安心感が広がった。

5日に米国が中国を為替操作国に指定すると発表し、米中摩擦の激化への警戒から前場は下げ幅を一時600円あまりに広げ、取引時間中としては1月10日以来の安値となる2万0110円を付ける場面があった。

【関連記事】NY株急落767ドル安、下げ今年最大 米中摩擦先鋭化

東証1部の売買代金は概算で2兆6367億円。売買高は15億2342万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1291と、全体の6割を占めた。値上がりは766、変わらずは92だった。

JPX日経インデックス400は3日続落した。終値は前日比55.54ポイント(0.41%)安の1万3364.83だった。東証株価指数(TOPIX)も3日続落し、6.65ポイント(0.44%)安の1499.23で終えた。

トヨタデンソーが下落した。京セラ太陽誘電が売られ、ソフトバンクグループ(SBG)とファストリが安い。一方、SUBARU日産自が上昇。東エレク安川電が買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]