為替操作国とは 米財務省、是正なければ制裁措置検討
きょうのことば

2019/8/6 8:12
保存
共有
印刷
その他

米財務省は貿易で有利になるよう意図的に通貨人民元を切り下げているとして、中国を「為替操作国」に指定した=ロイター

米財務省は貿易で有利になるよう意図的に通貨人民元を切り下げているとして、中国を「為替操作国」に指定した=ロイター

▼為替操作国 米財務省が経常収支や貿易で自国の優位性を得るために為替を操作していると判断した国を指定する。指定された国には2国間協議を求め、問題が解決しない場合は輸入品への関税引き上げなどの制裁措置を検討する。1980~90年代にかけて韓国や中国が指定された。

財務省は半年ごとに発表している為替報告書で主要な貿易相手の通貨政策を分析している。(1)米国に対する貿易黒字が年200億ドル(約2兆1千億円)以上(2)為替介入による外貨購入が1年で6カ月以上かつ国内総生産(GDP)の2%以上(3)経常黒字がGDP比で2%以上――のうち、原則として2つに該当すれば「監視リスト」に、3つすべてに当てはまると為替操作国への指定を検討する。

5月に発表された為替報告書では、中国は(1)にしか該当せず、為替操作国への指定は見送られた。ただ報告書は中国に対し「為替介入の実績の公表を見合わせており、深く失望している」などと不満を表明していた。「監視リスト」には中国や日本、ドイツ、韓国、ベトナムなど9カ国が指定されている。

【関連記事】
米、中国を為替操作国に指定 圧力を強化
トランプ氏、人民元安「為替操作だ」 中国政府を批判
米大統領補佐官、FRBに利下げ要求 「0.75%か1%」
中国人民銀、米の「為替操作国」指定を非難

米中通貨安競争、身構える世界 危険な応酬一段と
中国、7元台定着も 緩やかな元安容認の見方
「4中全会」開けぬ中国権力闘争、世界市場混乱の遠因
人民元発、世界株安 トランプ氏の誤算(豊島逸夫)
人民銀行のツートップ、株安連鎖を断つ(豊島逸夫)
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]