米、有志連合へ「同盟国は参加を」 英国に追随期待

2019/8/6 7:31
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】米国防総省は5日、中東のホルムズ海峡で民間船舶の安全確保に向けた有志連合構想に英国が参加すると決めたことについて「歓迎する」との声明を発表した。英国との協力に加えて「民間船舶の航行の自由という共通の目標を持つ同盟国との連携に期待している」と強調し、他の関係各国にも参加を呼びかけた。

エスパー米国防長官は7月下旬の有志連合の説明会に30カ国以上が参加したと明らかにしていた(4日、シドニー)=AP

英国防省は5日、「航行の自由を守るためにあらゆる手を尽くす」として有志連合への参加を発表した。英国はこれまでイランとの関係に配慮し、独仏と協力した欧州独自の枠組みを検討し、米国主導の有志連合に距離を置いていた。ジョンソン英首相がトランプ米大統領との関係を重視した可能性がある。

英国の決定は有志連合への参加国を増やしたい米国にとって追い風になりそうだ。ポンペオ国務長官は4日、訪問先のオーストラリアでのインタビューで有志連合をめぐり「イランの行動を抑止するとともにホルムズ海峡の物流に依存する豪州や日本、韓国の経済を守るために包括的な計画が必要だ」と指摘し、参加を促した。

エスパー国防長官も2日、訪問先の豪州に向かう機内で記者団に対して、7月25日に開いた有志連合の説明会に30カ国以上が参加したと説明。「さまざまなレベルでの約束があり、なんらかの発表を近くできるだろう」との見通しを示していた。

ホルムズ海峡では5~6月にタンカーを狙った攻撃が相次ぎ、米政権はイラン革命防衛隊の関与と断定した。イランは関与を否定している。一方で、イランは7月に英国などの石油タンカーを拿捕(だほ)しており、航行の自由に悪影響が出ている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]