世界株安、米中対立の長期化懸念
日経平均一時600円安 NY株は今年最大の下げ

2019/8/6 5:04 (2019/8/6 11:47更新)
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=後藤達也、ロンドン=篠崎健太】世界の株式市場が不安定になっている。6日の東京株式市場では日経平均株価が一時、前日比600円超下落し、5日の米国株市場ではダウ工業株30種平均が前週末比767ドル安と今年最大の下落幅となった。貿易摩擦を巡る米中の応酬が激しくなり、世界経済への打撃が警戒されている。市場では対立長期化への不安が強い。

午後1時時点の日経平均は前日比203円39銭(1%)安の2万0516円90銭だった。中国売上高が大きいファナックなどが下げた。「投資家は人民元安をきっかけに市場が混乱した2015年の『チャイナ・ショック』の再来を意識し始めている」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘氏)

アジアでは上海総合指数が一時3%安となるなど全面安の展開。中国人民銀行が設定した人民元の基準値は1ドル=6.9683元と11年ぶりの元安水準だったが、市場予想より元高だったため、一部には下げ渋る動きもみられる。

5日のダウ平均の終値は2万5717ドルで、約2カ月ぶりの安値を付けた。米国が追加関税を表明した1日から3営業日の下落幅は1147ドルに達する。5日の欧州市場でも主要な指数が2%前後値下がりした。

米中対立は泥沼化しかねないとの見方が強まっている。人民元相場が対ドルで7元台を付けたことに対し、市場は「米国への仕返しだと受け止めた」(英CMCマーケッツ)。トランプ米大統領はツイッターで為替操作だと断言し、「中国をやがて大きく弱らせる重大な違反だ」と非難した。

中国商務省は米国からの農産品の購入を一時停止する制裁措置を発表した。米中の相次ぐ応酬に「貿易戦争の見通しが急速に暗くなった」(米国みずほ証券のスティーブン・リチウト氏)。楽観論も出始めていた世界経済の先行きは一気に不透明になっている。

マネーは国債や金などの安全資産に向かっている。米10年物国債利回りは1.72%と16年11月以来の低水準に下がった。ドイツでも10年債はマイナス0.53%と史上最低を付けた。金も約6年ぶりの高値をつけた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]