LNG、船上で気化 商船三井が専用船を拡充

アジアBiz
2019/8/6 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

商船三井は2025年までに液化天然ガス(LNG)を船上で気化する専用船を現在の2.5倍の10隻に増やす。LNG輸送船団を拡充する分や共同保有する分も合わせて総投資額は1千億円以上になる見通しだ。東南アジアなどの新興国ではLNG火力発電所の計画が相次いでいる。専用船の保有・運用では欧米企業が強いが、LNGの取り扱いノウハウが豊富な日本の企業も商機があると見ており参入が今後増える可能性がある。

「F…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]