/

この記事は会員限定です

新潟大、農業でロシアと連携加速 新ビジネス創出へ

[有料会員限定]

新潟大学は農業分野でロシアとの連携を強化する。留学生の受け入れ枠を拡大し、農業や食品産業に関わる人材を育成する。ロシア極東地域で取り組んでいる大豆の産地化事業でも対日輸出に向け、品質を改善する。一連の取り組みは日ロの経済協力の一環。農業の連携強化で新ビジネスの創出や生産者の所得向上につなげる。

新潟大は文部科学省の農業人材育成プログラムに関する助成を受け、15年からロシア人留学生を毎年3~5人受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り690文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン